無駄のないジェネリック | 女性の皆さんも油断大敵!ストレスによる不感症を改善しましょう!

無駄のないジェネリック

1錠だけ色が違う

マレグラという治療薬があるのですが、これは女性用バイアグラのジェネリック医薬品ですので通常のバイアグラより安く手に入りやすいのです。
このジェネリック医薬品という言葉をここ最近でよく耳にすると思いませんか?
各製薬会社がジェネリック医薬品という言葉を使ってテレビコマーシャルを通して宣伝してますよね。
このジェネリック医薬品とは元々海外などで開発されているお薬を日本の製薬会社が日本人向けに改良し、発売しているお薬のことをいうのです。
だったら、日本で100%日本製のお薬を作ったほうがより安心して飲めるのではないかと疑問に持ちますよね?
実は、何もない状態から患者さんに提供できるお薬を作るとなると莫大な費用と途方もない時間が必要になってくるのです。
まず、お薬を新しく開発するための開発施設が必要になってきます。建物だけでなく、専用の機械や道具を用意しなければいけません。
次にこれらを扱うことが出来る資格と知識を兼ね備えた優秀な人材が必要になってきます。この人材を探すだけでも時間と費用がかかるのに、正規で雇うとなると人件費も結構かかってしまいます。
最も重要なのは薬を作るための原材料です。この原材料には日本にないお薬も多くあるので、このために輸入しなければなりません。
そして、一番の問題が時間です。一つの薬を完璧に完成させるには1年や2年どころでは出来ません。10年以上はみておく必要があります。
こうなると、いったいどれくらいの量が必要になるのかわかりません。
製薬会社にはそんな余裕はありません。
この効率の良いジェネリック医薬品は国が推奨しているものなので今後も増えることは間違いないでしょう。